So-net無料ブログ作成

明石オフ「仮日程」のお知らせ [オフミーティング]

明石オフ延期決定後に台風が大きく進路を変えてくれやがりましたね(`ω´)
まあ自然には勝てないということで納得させています。

さて、改めて日程を考えてみました。
11月はモーターショーもあるし、ちょっと直近すぎるしパス。
12月・1月という年末年始はみなさんお忙しいと思いますのでパス。
3月は年度が変わるタイミングなので忙しい方もいらっしゃるでしょうからパス。

ということであくまで仮ですが、2月でいかがでしょうか。
日時: 2月2日(日) 13時
集合場所: SPORTS DEPO明石大蔵海岸店の駐車場

もしこの日はちょっと…という方がいらっしゃればご連絡いただけると助かります。
降雪だけが心配ですが、ゾロ目で覚えやすいし冬開催も面白いのかなぁと思いました。
皆さんのご都合が宜しければ正式決定させていただきます。

それでは今日はこの辺で。

タグ:オフ会
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

明石オフ延期のお知らせ [オフミーティング]

タイトルの通りです。参戦予定の方には申し訳ありませんが、台風が近づいているため10月26日に予定していた明石オフを延期させていただきます。

トッピーも楽しみにしていましたし、まだ当日どうなるか分からない状況ですが、あまりぎりぎりまで引っ張って当日中止にするよりは、今のうちに決定しておいたほうが皆さんも別の予定を立てやすいと思いますし、仮に明石エリアの天候が大丈夫でも明石までの道中が危険なケースも考えられますし、ここはひとまず延期とさせて頂きました。

延期していつ開催するかは未定ですが、年明けになってしまうかもしれません。詳しいことが決まりましたら告知させていただきます。

以上、ご了承くださいませ。

nice!(0)  コメント(13) 
共通テーマ:自動車

VW up!試乗 [クルマ]

試乗記の前に告知です。
明石オフが来週に迫ってきました(^^)
現時点の予測では5~6名は来ていただけそうです。
日時や場所は以下のとおりですので、どしどしご参戦ください。

日時: 10月26日(土) 13時
集合場所: SPORTS DEPO明石大蔵海岸店の駐車場



さて今回試乗したのはフォルクスワーゲンのup!です。グレードはHigh up!。

vw up!


vw up!

エクステリア・インテリアともにシンプルですけど好きなデザインです。ただドアトリムレスなのでボディ同色の鉄板むきだし。ブラックのボディカラーを選んだ人は真夏に火傷しないんだろうかとちょっと気になってしまいました。

vw up!

後部座席のスペースは見た目より頭上に余裕があるのでそれほど窮屈感はありません。当然荷室は広くないですが、この車に4人乗車することはまずないと思うので、荷室がいっぱいになったら後部座席に置くことになるでしょう。

vw up!

さて運転開始です。ペダルレイアウトは問題なし。不評のASGですが、ATモードだと慣れていないためか確かに変速時に体が揺さぶられてしまいます。慣れれば変速の瞬間にアクセルを戻してスムーズに操作できるらしいです。ATモードの場合、50~60km/hですでに5速に入っているのでラグナとは真逆の変速プログラムです。個人的にはやはりポンポンとシフトアップしていくほうが性に合っているかなぁ。

vw up!

一方、MTモードはなかなか楽しめました。デュアロジックよりも短時間で慣れることができました。MTモードならCVTやトルコンATよりはダイレクト感がありますね。ただ、MTモードの変速時だけ足元から小さくカチャッという音とショックがよく発生したのが気になりました。

結局、試乗はほとんどMTモードで運転してしまったのですが、左手でガチャガチャやりたい人にとっては面白い車だと思いますね。某サイトで「この車はMT車の所有経験(運転経験ではない)がないと厳しい」と書いていた人がいましたが、そんな気がします。ASGが嫌ですぐ手放してしまうケースも多いようなので、ASGはMTだと思って検討したほうが後悔しないと思います。

vw up!

また、乗り心地も問題なしです。ラグナの乗り心地に慣れてしまうとわずかなピッチングも敏感に感じ取ってしまい気になるのですが、up!は乗り心地で気になった点はありませんでした。外観も個人的には良いと思います。しかも燃費も23.1km/Lでエコカー減税も適用、さらに排気量が999ccなので自動車税が¥29,500で済むのも魅力です。あと、「up!のすべて」に書いてありましたが、ベルト式にもかかわらず20万km無交換でよいのはメンテナンスコストの面で有利ですね。

ドイツ車とりわけVWは生真面目なイメージがありますが、up!はなんだか楽しい気分にさせてくれる車でした。

というわけでVW up!は、

乗り換えたい度:75%

それでは今日はこの辺で。

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:自動車

シトロエンC3試乗 [クルマ]

citroen c3

試乗2台目はシトロエンC3です。グレードはセダクション。マイナーチェンジして顔つきやインテリアに若干変更が加えられました。外観はマイチェン前のほうが好みなんですが、マイチェンしてESPが標準装備になったのは嬉しいですね。


citroen c3

内装はカタログ写真よりチープな印象でしたが、なかなか洒落ていて好感が持てるデザインでした。これはドイツともイタリアとも違うセンスですね。後部座席のスペースはルーテシア4と同じくらいかな?しかしルーテより頭上に余裕あるので多少ゆったりしているでしょうか。

この前試乗したフィアットパンダと違って、ペダルレイアウトはまともだと思います。走ってみると、シートクッションと乗り心地が気持ち良い柔らかさであることを感じます。ラグナと違い低速でも心地よいしなやかさを感じました。C3はこの乗り心地を買う車なのかもしれませんね。話題のゼニスウインドウは開放感がありますが、しばらくすると意識しなくなっちゃいました(^^;


citroen c3

さて、悪評高い(?)4速AT「AL4」はさすがに2000年初期から比べると熟成・進化しているようで、割とまともな変速マナーでした。ラグナの変速プログラムのように低速で引っ張りすぎるなんてことはなかったですね。ワインディングを走らせてもらいましたが、登坂は3速では厳しく、2速までシフトダウン。アクセルを踏めば結構勇ましい音を奏でるのですが、不快なノイズではなく、むしろいい音。シフトノブの位置が良いので、軽くスムーズに操作できてMTモードがラグナより楽しかったです。あと回頭性が良いですね。スッと曲がるので気持ちよくて、軽めのステアリングですが自然な操舵感覚でした。


citroen c3

ひとつ残念だったのが、カックンブレーキだったことです。効き自体はいいのですが、踏み始めからかなり強く効くので違和感がありました。


citroen c3

そんなシトロエンC3の試乗を終えての感想は、シートと乗り心地がとてもイイです。その点に関してはルーテ4よりも上だと思いました。あと、AL4が割とまともな出来だったのも好感が持てました。

ただやはりライバルが6速や7速のツインクラッチであることを考えると、あえて4速AT車にお金を払うことにちょっと抵抗を感じてしまいます(燃費や税金面でもライバルより劣るし)。乗ってしまえば気にならない事とも言えますが、自分の中でちゃんと納得できるかどうかがポイントかなぁ。あと、やはり顔はマイチェン前のほうが好き…。

というわけでシトロエンC3は、

乗り換えたい度:70%

それでは今日はこの辺で。

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

フィアット新型パンダeasy試乗 [クルマ]

フィアット新型パンダeasy

試乗のトップバッターはフィアット新型パンダeasy。写真の白とびはご勘弁を(汗)。イタ車は所有したことも運転したこともないので楽しみにして試乗に臨みました。スタイリングは特に好きでも嫌いでもないので、肝心なのは中身と走りですね~。


フィアット新型パンダeasy

インテリアのドアトリムが凝っています。シボ加工が「PANDA」の文字!


フィアット新型パンダeasy

シートはしっかりしている印象で、後部座席は頭上に余裕があるし前席のシートバックに膝が当たることもないので窮屈には感じませんでした。


フィアット新型パンダeasy

がしかし、いざ運転席に座ってみると足元が恐ろしく狭いです。ラグナの半分の幅しかないといってもいいくらいです。ペダルレイアウトもちょっと真ん中にオフセットしていますし…。

そのあたりはイタ車の右ハンということで我慢して、さあ試乗開始というときに、

フィアット新型パンダeasy

インパネに何やら警告灯が!さすがイタリアンクオリティ!営業さんいわく、特に走行に支障はないそうなので無視してスタート。警告灯はイルミネーションの一種と考えたほうがよいということですな!

フィアットのロボタイズドMT「デュアロジック」は初体験ですが、やはり慣れが必要ですね。最初はギクシャクしてしまいました。ATモードは諦めて試乗の大半をMTモードで運転して後半は多少慣れてきました。ただ慣れるのに精いっぱいで運転の楽しさを感じる余裕はありませんでした。

話題のツインエアは、エアコン全開だと2気筒エンジンの音は聞こえないのでエアコンを消してみましたが、結構静かで振動もほとんどないです。動力性能は不足はない気がしましたが、もっとも短時間の街乗り試乗で判断できることではないかもしれません。

フィアット新型パンダeasy

足回りですが、カーブでは結構ロールするけど不安はなく粘りがある足回りだと感じました。例えるならアニメ「ルパン三世」のカーチェイスのように、車体を傾けながらコーナーをクリアしていくようなイメージ。

lupinthe3rd
ルパンもフィアットのチンクエチェントに乗ってましたね。

そんな足だから乗り心地はいいと思いました。しかし少し柔らかすぎるかなぁ(個人的にはもう少し硬めが好みなので)。あと、着座位置が結構高いです。運転はしやすいのですが、個人的には着座位置は低いほうが好きかなぁ。

フィアット新型パンダeasy
荷室はボディサイズなりという感じです。



そんな感じで試乗を終えました。残念ながら「いいね!次の車はパンダにしよう!」というポジティブな気持ちは湧きあがってきませんでした。かめばかむほど味が出るタイプの車なのかもしれませんけどね。

というわけでフィアット新型パンダeasyは、

乗り換えたい度:45%

てな感じでしょうか。今後もどんどん試乗していきます!

それでは今日はこの辺で。

nice!(3)  コメント(18) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。